保険会社がやたらとオススメする対物差額修理費用補償特約ってお得なのか?

2018年12月31日 0 投稿者: kaede315xy

タイトルについて、ストレートに回答するならNOだと思います。

これってどんな特約かといいますと、基本的に対物賠償保険から支払いされる金額というのは時価額までです。つまり100万の価値しかない車に対して修理費用が120万発生したとしても100万までしか支払いませんよというものです。つまり全損ですね。

でも相手はどうしても修理をしたい!と言ってきた場合、この特約があれば、その差額の20万を支払いますよ。というものです。

でもこれって法的にみると、その差額の20万は支払い義務は一切無いです。

仮に裁判になりました。最終的にその20万も価値を認められて支払いが必要になりました。という場合には対物賠償保険から支払いされます。仮に揉めたとしても自身で支払いするものはありません。

多くの保険会社は、この特約を付けておけば示談交渉がスムーズになり、便利です!とオススメしてきます。なんなら、自動付帯にしている保険会社もあります。

でもこれって保険会社が示談交渉をスムーズに進められるようにするだけで、契約者達にメリットはあまり無いです。

逆に相手の気持ちに立てば、付帯しておいてあげればいざという時に相手の言う通りに対応が出来るというメリットはありますが、果たして追加の保険料を払ってまで、この特約を付帯すべきでしょうか?

保険会社の言葉を鵜呑みにしてはいないですよ。って事を伝えておきたいです。